財務・税務サービス

「顧問契約を税理士と結ぶのは法人だけでなく、個人もしたほうが良い」

税理士の業務というと、みなさんはどういうことを想像するのでしょうか?主に書類を見つめて作成し、それを役所に持っていくだけの仕事と考えている人は多そうですが、決してそれだけはありません。当然それらも間違いではありませんが、それ以外にも顧問契約というものがあるのです。

税理士だけでなく、弁護士や行政書士、コンサルタントなどとも顧問契約を結ぶ事はあります。大企業などでは、これらの専門職の人たち何人とも顧問契約を結んでいたり、会計事務所やコンサルタント会社と法人同士で顧問契約を結んでいる場合があります。

さて、実際にこの顧問契約というのは何をしているか?というと、税理士の先生になんでも気軽に相談できる状況をつくりだすことが顧問契約と言えます。例えば税務や会計の相談をする場合、いきなり税理士事務所に電話をして「○○って経費に入れても大丈夫ですか?」なんて相談できないですよね?

そういった個別具体的な案件をいつでも相談できるようにするのが顧問契約なのです。主にメールや電話での相談がいつでも可能になって、月に1度くらいは訪問してもらって、会計の相談や経営相談などもしてもらえる事が多いです。これが法人の顧問契約ですね。

実は税理士との顧問契約には法人だけでなく、個人でも契約をしている人というのはいます。会社の場合はよくわかるかもしれませんが、個人がなぜ顧問契約をしているかと言うと、その理由はいくつかあります。

まず一つ目が地元の地主だったりする場合です。その場合幾つかの土地を持っていたり、試算を持っていたりする場合が多いです。そういう時に「以下にして節税するか」や「税金の相談」などをすることがあります。これは田舎などに多くて、駐車場に変えることなどをアドバイスしたりするみたいですね。

もう一つが成金の金持ち都の顧問契約です。例えば最近で言えば証券会社の社員であるとか、デイトレーダーなどが当てはまるでしょう。彼らと個人的に顧問契約を結んでいる場合は、確定申告や税金の経費をどこまで認められるか?などの相談業務を受け付けているそうです。特にサラリーマンとは別に収入を持っている場合などは、税理士の顧問契約は必須でしょう。

というように、法人個人問わずに契約することができるのが税理士の顧問契約なのです。一般的なサラリーマンの収入では関係がないかもしれませんが、収入がアップしてきた場合は税理士との顧問契約を考えたほうがいいかもしれません。

このページの先頭へ

税理士 顧問