Q&A

「面倒くさい経理を税理士に代行することはどの程度メリットがあるのか」

なんでも一人でやってしまう人にとっては「どうして税理士や行政書士見たいな外部の人にお願いをするの?」という質問をする人もいます。確かに確定申告や決算書類の作成、それに会社設立のための書類作成など、色々なことがネットで調べれば一人でもできてしまう世の中になりました。

ですが外部の専門家にお願いすることは、かなりメリットがあるということは間違いのない事実です。例えば一番よくある税理士に記帳代行をお願いした場合を考えてみようと思います。

記帳代行とは決算などの書類や、毎日の経費や売上などの記帳を代行することです。税理士以外でも代行している人はいるのですが、やはり会計のプロである税理士にお願いすると、非常に手堅いですし安心です。

この記帳代行はなぜ税理士にお願いする方が有利なのか?を如実に表してくれます。もしあなたが経営者だった場合、毎日の経費計算や売上計算、その他仕分け帳や台帳に記入する際、一般事務の社員を雇用したりするのではないでしょうか。そうして一般事務の社員に記帳をお願いします。

この場合一人を雇うとなれば月に20万円くらいの予算が必要になってきます。出費としては痛いし、会社によってはそれだけのお金を捻出できない場合があります。しかし税理士に記帳代行をお願いすれば、これよりもかなり安い値段でお願いすることができます。だいたい相場は数万円といったところでしょう。

一人雇って自社で記帳をするよりも、外部に任せて記帳をお願いしたほうがかなり安く付くということがわかってもらえると思います。だからこそ規模の小さい会社などでは、こういった税理士の記帳代行は重要になってくるのです。

記帳代行のいいところはそれだけではありません。もし個人事業として自ら仕分けなどをしているのであれば、その入力作業やレシート・領収書の仕分けなどもしなくてよくなります。そのまま集めておいて、税理士の先生に渡せば、キレイにしてくれるのです。そしてその文浮いた時間を使って本業に専念できる、というわけです。

税理士の記帳代行というのはなかなか思いつかないかもしれませんが、お近くの税理士事務所に相談してみたら、意外にもすんなりやってもらえることが多いです。事務作業が苦手だったり本業に専念したいという会社や個人事業主は税理士に相談してみるとよいでしょう。

このページの先頭へ

税理士 記帳代行