料金表

「初めて会社設立をするとなった時に税理士がいないと、かなり苦労する」

若手のベンチャー起業家などと話をしていると「起業の時にいろんな人に助けてもらった」という話をよく聞きます。コラムやインタビュー記事等にもそうやって答えている若手経営者は多いのですが、これはお世辞や謙虚なだけではなく、本当の気持であると思います。

一般的に会社設立をするときには行政書士にお願いして、書類の作成や提出を代行してもらったりすることが多いです。行政書士は元々そういった書類の代行業務をするための人たちですから、会社設立に関してもかなり得意としている人は多いです。

しかしあまり知られていないかもしれませんが、税理士の先生も会社設立の支援というのをしてくれて、会社設立代行までしてくれるところはあります。しかも行政書士にお願いするよりも、幅広い支援を受けることができるなど、メリットになる部分も多いです。

よく「会社設立なんて簡単!」という人や本がありますが、あれに沿った形で自分たちだけで会社設立などをしてしまうと、かなり大変であるということは間違いありません。そして会社設立に関する書類業務などに追われてしまい、本業が疎かになるおそれがあるのです。

だからこそ会社設立は外部の機関に任せるほうがいいのです。特に税理士に任せると、今後の税務相談や会計に関する相談などもできます。「こういうものは経費にできる」「これは経費化は難しい」などは、会社設立後にもよくある話なのですが、そういう時に税理士の先生に相談しやすいのです。もし行政書士にお願いしていれば、こういった後々の税務・会計の相談というのは難しいでしょう。

そしてもうひとつ、税理士の先生が得意にしていることが多いのが、助成金・補助金なんです。助成金や補助金というのは専門にしている人に聞かないと「そんなのがあったの!?」というような、見逃しが多いところなんです。

それを税理士に会社設立を代行してもらっていたら教えてもらえることが多いです。「会社設立後にこういう補助金があるよ」などと教えてもらえ、それを申請するかしないかで大きく会社の運営が変わって行ったりします。

今のところはまだまだ税理士といえば、税金の相談というようなイメージが強いので、こういった会社設立の相談というのは少ないようです。しかし後々のことを考えれば、絶対に自分たちだけでやるよりもプラスに働くことが多いと思います。

目先の手数料を支払いたくないために、将来の利益を減らすようなことをする会社は先がないと思いますよ。

このページの先頭へ

会社設立 税理士